交通信号機の仕組み見聞録 E-mail

安全運転支援システム(DSSS)の概要

スマフォ対応サイト

UTMS(高度道路交通システム)の中のシステムである安全運転支援システム(DSSS)の概要について、掲載しています。

安全運転支援システムは、Driving Safety Support Systemsの頭文字をとってDSSSと言われています。

ドライバーが視認困難な位置にある自動車、二輪車、歩行者を、各種感知機が検出し、その情報を、車載装置や交通情報板などを通して提供し、注意を促すシステムです。

現状では、交通情報版による視認以外は、光ビーコン対応のカーナビ機器を購入した方しか提供が受けられない弱点があります。

通信手段としてスマホ環境で連携できるようなアプリがあると良さそうな気がします。

安全運転支援システム

カーブなどで進行方向の信号機の確認が遅れるような交叉点において、信号機の情報を交通情報板に表示したり光ビーコンの通信を用いカーナビに表示と音声による注意喚起を行います。

同様に、進行方向が渋滞し停車している車両等がある場合で建物等の遮蔽物で、その状況が視認しにくい箇所では、渋滞を車両検知器で検知し、交通情報板、カーナビに注意喚起情報を流します。

統計的に交通事故の多発するような地点に設置されているようです。