交通公害低減システム(EPMS)の概要

UTMS(高度道路交通システム)の中のシステムである交通公害低減システム(EPMS)の概要について、掲載しています。

交通公害低減システムは、Environmental Protection Management Systemsの頭文字をとってEPMSと言われています。

大気汚染物質や騒音などの交通公害を低減し、地域の環境を保護するためのシステムです。



交通公害低減システム(EPMS)

観測点で測定した結果、環境悪化が懸念される場合、交通管制センターから交通情報板、光ビーコン対応のカーナビ、ラジオ放送などに情報を提供するとともに交通信号を制御することにより懸念される地域への車両の流入を抑制し、交通公害を軽減しています。

ページTOPへ