交通信号機の仕組み

歩いている時や運転中に車も来ないのに赤信号で待たされたりして、いらいらした事ありませんか?

私達が道路を利用する際には、歩行、車両乗車などの時に殆どの人が交通信号機の表示によりコントロールされます。

青信号で進み、赤信号で止まるなど直接コントロールを受けているだけでなく、これらによりコントロールされた人、車の流れにより間接的にもコントロールを受けている事があります。

その仕組みはどうなっているのだろうと、私が見たり聞いたりして調べた交通信号機の仕組みを掲載しています。

交通信号機の仕組みを知る事により、赤信号などの待ち時間にも意味がある事を理解する事により、余裕のある行動が生まれ、結果的に交通事故が減れば幸いです。

本サイトの情報は、実際に交通信号機を見たり、詳しい方に聞いたり、ネットに掲載された情報を以下の様に取り纏め掲載しています。

(間違いがありましたらお教え頂ければ大変助かります。)

概 要

  1. <交通信号機豆知識>
    知っているようで知らない交通信号機の基本の事を説明しています。
  2. <制御の仕組み>
    交通信号機は、設置される道路の形状、交通環境により最も適した制御方式で動作しています。
    それぞれの制御の仕組みについて説明しています。
  3. <信号灯器の表示>
    交通信号機灯器の表示が周期と現示によりどの様に変わっていくのかを説明しています。
    交通渋滞の軽減策についても見聞きしたことを説明しています。
  4. <道路交通システム>
    多様化する道路交通環境を管理するために導入されている情報通信技術を利用した道路交通システムを説明しています。

ページTOPへ